お知らせ

2022/06/21 会長死去に関するお知らせ

新田醸造 取締役会長の新田信吉が、去る 2022年6月14日 享年89歳 にて永眠いたしました。

通夜ならび葬儀は関係者を中心に執り行いました。

本来なら早速お知らせすべきところでございましたがご通知が遅れました事を深くお詫び申し上げます。
生前に賜りましたご厚情に深く感謝し、謹んでご通知申し上げます。

信吉は
1953年(昭和28年)長野県松代高校を卒業後、19歳で家業を継承。
糀の製造や、醤油絞りで修行をしながら当社の「信州白樺印みそ」の源流となる味噌を開発致しました。

こだわりの国産原料。
発酵には100年以上使われている木桶を使用。
「無添加の美味しさ」に対して何より強いこだわりを持ち研究に研究を重ね、今日に至るまで全国各地にファンを抱える当社の味噌の生みの親です。

1978年(昭和53年)新田醸造を有限会社化し、初代社長に就任。
2006年(平成18年)から死去するまで会長職を務めあげ、生涯を現役として過ごしました。

1993年(平成5年)から地元・坂城町商工会理事、商工会観光部会会長。
2004年(平成16年)から2014年(平成26年)までの10年間はステキさかき観光協会会長を歴任。

産業功労分野では
2015年(平成27年)長野県県知事表彰。
2019年(平成31年)農林水産大臣より感謝状表彰。
多年にわたり地域商工業、町の観光事業の振興に貢献しました。

今後も信吉の築いてきた「伝統」を継承しながら、未来に向けた「革新」の精神を失わない、そんな味噌屋として尽力してまいりたいと思います。

改めまして、ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んで通知申し上げます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

新田醸造

 
Page Top